ONLINE STORE

NEWS

瀬戸内でSETTAを履く(後編)

2017/01/12 _ NEWS

DSC_0593

芸術や自然をたっぷり堪能し、Uさんと語り合えた直島での一夜が明けました。2日目は奈良に帰る前にぜひ訪れたかった島・犬島へ渡りました。犬島精錬所美術館で昨年YEN TOWN BANDがライブをしたのを知っていましたから、どうしても行って見たかったです。

DSC_0616

レンガは土ではなく金属で出来ているそうで、どこか黒光りしていてその存在感は言葉を失うほどです。中に入ってみると三島由紀夫の世界が広がり、そして言葉が流れています。ぜひ実際に足を運んでみて頂きたいです!文章ではなかなか表現できません(笑)。

レンガに入ったヒビをみた7歳の娘が「お母さん、このヒビは芸術?」と聞いてきました。犬島において自然か芸術かの質問に答えるのはとても難しいことです。その境界線は無用に感じます。それを子どもたちも感じ取ってくれたでしょうか。

DSC_0619

余談ですがこの瀬戸内の島々に在るアート施設は15歳未満は入場無料なものばかりです。直島で最初にプロジェクトを提案したベネッセの福武社長の「子どもが集まる島にしたい」という理想をずっと追い続けているためでしょうか。

犬島を後にした私たちは途中で岡山の新鮮な魚を楽しんだりしながら、無事に奈良へと帰ってきました。

DSC_0637

Uさんにお会いでき、素敵な旅行をアテンドしてくださった事、さらなる広がりや繋がりに結びつきそうな事。そして芸術や自然の中で豊な感性を蓄えることができた事。とても実りの多い1泊2日となりました。

DESIGN SETTA SANGOの可能性はまだまだ広がっていきます。

DSC_0493

関連記事

pagetop