ONLINE STORE

NEWS

お手入れについて

2018/10/22 _ NEWS

さて、いよいよ秋も深まってまいりました。そろそろSETTAを一旦、靴箱に仕舞い込もうとお考えの方もいらっしゃるかと思います。

そこで、来年の夏も気持ちよく履いて頂くためのお手入れ方法についてご案内いたします。

onlinestore_main021

まず鼻緒の部分ですが、固く絞った布で拭いて頂くことが基本のお手入れとなります。どうしても落ちない汚れに関しては、衣料用の洗剤を少し染み込ませた布で拭いてください。ただし洗剤の種類によっては色落ちする可能性もありますので、まずは鼻緒の目立たない部分(足に当たる内側など)で色落ちしないか試して頂いてからのご使用をお願いいたします。

onlinestore_main011

足を乗せる天の部分も、鼻緒と同様に固く絞った布で拭いて頂くことが基本のお手入れです。履いた日に雨が降ったなど、濡れてしまった場合は、日の当たらない風通しの良い場所で完全に乾かしてから、収納してください。湿った状態で、風の通らない場所で保管されますと、中の芯部分の傷みに繋がり、SETTAの寿命を縮めてしまいます。

濡れてしまったからすぐにSETTAがダメになるという事はございません。その後にしっかりと乾かして頂くという事が一番重要です。

ですので、夏までしばらく履くことがないから下駄箱の奥に…とお考えの方は、晴れた湿度の低い日に収納して頂くとより良いです。

roomsetta

もちろん着物をお召の方や、ソックスと組み合わせて1年中履いて頂くこともできます。また冬は部屋履きとしての需要も多く、お勧めです。

さらに今年はふるさと納税としてDESIGN SETTA SANGOを手にして頂くこともできます。

寒くなって参りますが、さらにさらに三郷町の雪駄をよろしくお願いいたします!!

関連記事

pagetop